「Note Me Thinking Power Notebookケース」について、よくある質問をまとめました。
noteme


・「Note Me Thinking Power Notebookケース」ってなんですか?
・どうして開発されたのですか?
・取材用を想定したツールならではの制約や工夫があるって本当ですか?
・多機能ボールペンなど、太いペンも収容できますか?
・立ったまま書きやすくする持ち方を教えてください。
・素材について教えてください。
・日本製ですか?
・ノート「Thinking Power Notebook」は別売りですか?


「Note Me Thinking Power Notebookケース」ってなんですか?
滑らかな書き心地の紙にとことんこだわった大学ノートでファンを魅了する、浅草のツバメノート。
「Thinking Power Notebook」は、「自分専用のツバメノート・オリジナルモデルを作りたい」と考えたファンたちが生み出した、書きやすさや扱いやすさに定評のあるオリジナルデザインの大学ノートです。

「Note Me Thinking Power Notebookケース」は、「Note Me Thinking Power Notebook」のA5横使いタイプである「ネイチャー」と、お気に入りのペンを最小限のサイズで持ち運ぶために作った「ノートとペンに最短でアクセスできるノートカバー」です。
「Note Me Thinking Power Notebookケース」左側のスリットへ「Thinking Power Notebook」の背表紙を差し込むだけですぐに使いはじめることができます。
noteme01
また、「Note Me Thinking Power Notebookケース」右下のベルトに「Thinking Power Notebook」の端を差し込むことで、持ち歩きのときにはページが開かないようにし、ものを書くときにはページが捲れるのを防ぎます。
noteme02

ページトップへ戻る


どうして開発されたのですか?
文具などグッズの使い方を専門とするフリーライター納富廉邦さんが、大袈裟になりがちなノートカバーを「ノートとペンを最小限のサイズで持ち運べる」をテーマに開発しました。
「バッグから取り出してすぐにノートへ書き込みたい」「横使いのノートへ、立っているときでも快適に筆記したい」などのニーズを満たし、取材時に使いやすいノートケースとして完成しています。

ページトップへ戻る


取材用を想定したツールならではの制約や工夫があるって本当ですか?
取材時に使いやすいことへのこだわりが、使い方に一部制約(前提)をもたらしています。
この制約の通りでなければ使えないというものではありませんので、ご了承のうえご確認くださいませ。
・ノートの裏面を使いません
・書いたノートは切り離してスキャン保存し、スキャン済データは破棄します
(「Thinking Power Notebook」の全ページに、切り取り用のミシン目が入っています。)

裏面には、切り離したノートを差し込むことの出来るスリットを設けました。
その真ん中に入れたスリットには、カードや名刺、地図などを一時保管できます。
ロディアなどのメモ帳を差し込むこともできるサイズに仕上げています。

また、ストラップホールを備えており、カメラなどを持つために両手を空けたい際には「Note Me Thinking Power Notebookケース」をネックストラップなどで吊り下げて使うこともできます。

ページトップへ戻る


多機能ボールペンなど、太いペンも収容できますか?
太めに設計し、太いペンの代表として三菱鉛筆の多機能ペン「ジェットストリーム 4&1」に対応しています。
万年筆などお気に入りのペンを収容くださいませ。
(ペンは付属しておりません。ご了承くださいませ。)

ページトップへ戻る


立ったまま書きやすくする持ち方を教えてください。
画像のように、ケースを手で抱えるように持つと、立ったままでも楽に書いていただけます。
立ったまま書くことを意識した、しっかりとした固さをお楽しみください。
hold

ページトップへ戻る


素材について教えてください。
ノートケース部分:傷がプラベートユースからビジネスユースまで幅広く、長く使っていただけるように、傷や汚れが目立ちにくい型押し(エンボス)加工を施しています。
ペンホルダー部分:ペンをスムーズに抜き差しできるよう、万年筆などの高級筆記具に合う、高級感のあるブッテーロレザーを採用しました。経年変化(エイジング)を楽しむことができます。
革については、「abrAsusに使っているのは、軽さや耐久性にこだわったオリジナル素材です。」をご覧ください。

ページトップへ戻る


日本製ですか?
「Note Me Thinking Power Notebookケース」は日本製です。
断裁、スキ、縫製、コバ塗りなどの全工程をニッポンの熟練職人さんが行っています。
機能性だけでなく、細かい部分にまでこだわった逸品です。

ページトップへ戻る


ノート「Thinking Power Notebook」は別売りですか?
1冊付属しております。
2冊目からは、別途お買い求めくださいませ。

ページトップへ戻る

SUPER CLASSICライブラリ トップページへ

SUPER CLASSIC トップページへ